2016年12月03日

在廊の日の出来事

先月よりシャララ舎さんで開催しております
「珈琲、あるいは記憶をめぐる物語」
長丁場の展示となっておりますが
12月に入りいよいよ後半戦に突入です^^

IMG_6655.JPG

今回は、仕事の関係上
なかなか在廊をすることが難しく
お越し頂いた方々にご挨拶できていないのですが

展示会場がカフェということもあり、
絵のある空間でゆっくりと過ごして下されば
それで良いのかもとも思っております^^


とは言っても、やはり在廊出来る日にはしたいので
先日、11月23日の祝日の日に
少しだけ会場におりました。


週の真ん中でのお休みということもあり
ゆっくりとした一日でしたが
それでも、自分にとっては濃ゆい出会いの一日でもありました。

先ほども書きました通り
シャララ舎さんは琥珀糖専門店でカフェも併設のお店です。
それでも、その日は展示を目標に
来て下さった方が何人かいらっしゃいました。

ご挨拶させて頂いたり、
少しお話をさせて頂いたり、、、。

展示を開くたびに思うことは
自分の絵の為にわざわざ足を運んで下さっているということ。

これは、とてもすごいことで
忘れてはいけないことだと思うのです。

足を運んで下さった方々が
楽しんで帰ってくれればとそう願うのみです。

IMG_6556.JPG


そしてこの日の
印象的な出来事が。

シャララ舎さんの琥珀糖が登場する小説、
「鉱石展示室」の著者の波水蒼さんが
お店に来るらしいという情報を当日うけて、

次の予定があり自分は夕方までしか
在廊出来そうもなかったのですが、

夕方からいらっしゃるということで、
出会えるかどうかという瀬戸際でした^^;

こちらの小説は、
数年前にシャララ舎さんにて手に入れて
読ませて頂いたのですが、

ページを開いた瞬間からその世界観に引き込まれ
あっという間にお話の終盤までたどり着いてしまいました。

読んでいて素敵な小説は
読み終えてしまうのが本当に淋しくて、もったいなくて…。
この小説も同じような気持ちになったのを覚えています。

波水さんとは、何度かTwitterなどで
やり取りをさせて頂いていたのですが、
実際にお会いしたことはなく…。

そんなこんなで、
夕方を迎え、シャララ舎の店主さんが
「あ、いらっしゃいましたよ」
と声をかけて下さいました。


そのとき、波水さんはご友人とおふたりで登場し
私はどちらのお方が波水さんなのだろうと思いながら
「あ、こっちのお方だ」という直感を信じその方の方を見て
ご挨拶をしようとしました。。。

そのとき、ご友人だと思い込んでいた方から
ご挨拶を受け、、、。

「あぁこちらのお方が波水さんだったのですね…」^^;
(私の直感は大抵外れます。。。)


お話をしながら、波水さんが手を差し伸べて下さり
すかさず本日2度目の握手を交わしました。
(他のお客様ともこの様な握手を交わしました…!)


そうこうしているうちに気の効いた話も出来ないまま、
早々にお店をあとに。。。


それでもお会いできたことが本当に嬉しく
素敵な一日となりました。


絵を描いている時は
自分と画面との対話という感じなのですが、

その先にいる方々と触れることができ、
描き続けていけるよう、また気持ちを新たに
進んでいきたいなぁ

としみじみと感じた日でもありました。


IMG_6564.JPG


次回の在廊は12月7日(水)
11時過ぎより16時ごろまでの予定です★
平日ではありますが
良かったらお立ち寄り下さい。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

dm_out.jpg

「珈琲、あるいは記憶をめぐる物語」

開催期間 2016年 11月9日(水) ~2016年12月20日(火)
     11:00~18:00(水・金のみ 21時まで)
     定休日 月曜日 臨時休日 12月8日(木)

会場   シャララ舎
     〒272-0824
     千葉県市川市菅野 1-14-9 102
     TEL. 047-713-3112 
posted by H-HASHIMOTO at 04:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 展示/イベント
HIROMI HASHIMOTO OFFICIAL SITE