2016年12月22日

「珈琲、あるいは記憶をめぐる物語」閉幕

昨日、無事に
シャララ舎さんにて1ヶ月ちょっと開催していました
展示「珈琲、あるいは記憶をめぐる物語」が無事に
幕を閉じることが出来ました。

お越し下さいました皆様、
応援下さいました皆様、

ありがとうございました!

「ありがとうございました」という言葉しか
なかなか感謝を表現する言葉が出てこないのが
いつももどかしいのですが、

その分、これからも良いものを描いて
皆さんにお披露目できるよう走り続けることが
自分に出来ることなのかなとも思います。

IMG_6556.JPG

今回は、仕事の関係で
在廊をすることがなかなか出来ず、
いらっしゃった方々へご挨拶が出来なかったことが
心残りでしたが、

芳名帳に沢山のコメントを頂き、
絵を、そしてお店の雰囲気を
楽しんで下さった様子が綴ってあり、

今回も開催してよかったと思える展示となりました。


今回のタイトル
「珈琲、あるいは記憶をめぐる物語」は、
珈琲の豆の袋を開けるとき、
豆を挽くとき、
そして珈琲を入れて味わうとき、

様々な記憶、想い、アイデア
そういったものが溢れその世界を旅するイメージで
このタイトルをつけました。


dm_out.jpg


ありがたいことに、この原画を含め、
6点の絵をお求めいただきました。
(どの絵も、お気に入りの作品たちなので
 選んで頂けたことが本当に嬉しいです…!)


展示は終了致しましたが、
お求めいただいた作品以外は現在も引き続き
展示をしてあります^^


もし、会期中にお越し頂けなかった方で
絵を観に行きたいという方がいらっしゃいましたら是非
遊びにいらして下さい★


色々伝えたい想いはあるのですが
なかなか言葉にできず、です。。。


この言葉にならない、出来ないものたちが
画面に現れてくれれば良いのかもしれないですね。


それでは、今回もありがとうございました。

早いですが、来年もよろしくお願いいたします^^



そして、来年の展示のスケジュールなどいろいろと
決定して来た部分をまた、こちらでも
近日中にお伝えできればなと思います。


それでは、おやすみなさい〜★




posted by H-HASHIMOTO at 03:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 展示/イベント
HIROMI HASHIMOTO OFFICIAL SITE